葉商会便り

葉商会便り 2021.12.27
佐世保商業高校の正面玄関を入ると、目の前がパッと明るく感じました。
透明ガラス戸が開閉出来るようになり、中庭に出れるようになっていました。
暖かい日には、生徒たちの笑顔と明るい声が聞けるのでしょう。

情報セキュリティーの国家試験 10人合格

合格した、情報マーケティング科情報コース3年の10人=県立佐世保商業高

 長崎県佐世保市吉岡町の県立佐世保商業高(平山政一校長)の情報マーケティング科情報コース3年の10人が、経済産業省所管の国家試験「情報セキュリティマネジメント試験」に合格した。
 同試験の実施事務を行う、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)によると、企業の機密情報を守る情報セキュリティー管理技術を認定する試験で、2016年に開始。例年、受験者の多くはIT系企業のシステム管理・運用などに当たる社会人で、高校生での受験、合格は珍しいという。
 同科は18年に設置され、情報コースは、県内の高校で唯一情報セキュリティーについて専門的に学ぶことができる。10人は授業や自主学習での勉強を重ね、合格を勝ち取った。
 一緒に試験勉強に励んできた鬼塚こころさん(18)と田中陽菜さん(17)は、「今回の挑戦で仲間の大切さを学んだ。一緒に合格できてうれしい」と笑顔で話した。

長崎新聞 2021年10月6日

『さいこう!SASEBO』プロジェクトのご紹介

『さいこう!SASEBO』

 このプロジェクトは2020年から、佐世保市の文化事業の一環としてスタートした『さいこう!SASEBO』です!!
若い世代が地元にさあ行こう!と出かける様子、また再考(興)する、最高!と思えるSASEBOにしたいという思いから名付けました。
今年度は県立佐世保商業高校の国際コミュニケーション科だけでの活動でしたが、来年度は聖和女子学院中学校・高等学校生と資料の英訳を行い、インターネットで全世界への発信に加えて地元小・中学生や大人の方に直谷城の素晴らしさを伝えるため、これまでの研究成果を更に高めて観光PRの資料などを作成する予定です。

さいこう!SASEBO 代表 川崎雄輔

詳細は、下記のホームページをご覧ください。

https://readyfor.jp/projects/57737