感謝の言葉・中園順喜

葉商会の皆様へ 感謝の言葉

 長崎県立佐世保商業高等学校同窓会・葉商会の皆様、退職にあたり、一言お礼を申し上げます。
 平成27年から6年にわたって校長職を務めてまいりました。その間、同窓会の皆様には全国大会や九州大会に出場する各部活動に対してご支援をいただいたり、卒業生に対して卒業記念品をいただいたり、文化祭でPTAが提供する食物バザーに対してお米を提供していただいたり、陰になり日向になり、様々なご支援をいただきました。心から感謝申し上げます。
 また、葉商会総会だけでなく、関西支部総会、中京支部総会、東京支部総会、福岡支部総会にも参加させていただき、各地で大歓迎を受けました。一次会のみならず、二次会でカラオケを歌ったり、長良川の鵜飼いを体験したり、合掌造りの建物を見学させていただいたり、ビアホールや有名な喫茶店など、様々なところに連れて行っていただきました。私としましては、毎回各地の同窓生の皆様と交流できるのが楽しみでした。中京支部では、毎回カラオケの途中で抜け出して、ホテルの温泉に浸かったことも楽しかった思い出の一つです。
 そして、何よりもありがたいと思っているのは、本校生の高い進路実績です。景気に左右されず常に高い実績を誇っているのは、卒業生の皆様が各事業所で信頼されているからに他なりません。皆様が各地で頑張っていらっしゃるおかげで、佐商の生徒ならばと採用してくださる事業所が多いのです。心から感謝申し上げます。
 さて、現在佐世保商業高校では、「ふるさと教育」に力を入れています。これまで気付かなかったふるさとの良さを知り、今以上にふるさとに愛着を持った生徒を育てようとの試みです。進路指導の一環として企業研究を行ったり、国際コミュニケーション科では遺跡について調べて英語で発信したり、情報マーケティング科ではビジネスのアイディアを考える際にふるさとの良さを取り入れようとしたりなど、様々なことにチャレンジしています。これらのことには、ふるさとの良さを教えてくださる方々が欠かせません。是非、葉商会の皆様にその役割を担っていただけたらとお願いいたします。
 最後になりましたが、令和5年に創立100周年を迎える長崎県立佐世保商業高等学校の同窓会・葉商会のますますの発展と、会員の皆様のご健勝とご多幸を祈念申し上げまして、お礼の言葉といたします。お世話になりました。ありがとうございました。

2021年3月31日

中園順喜(なかぞの のぶよし)

桜満開

通学路の坂道の桜が満開です。


すぐ上の写真説明です。
昭和14年(第12回)卒業生により、50周年記念として、吉岡校舎に、平成元年6月10日 吉野桜を植樹。(将冠第32号から抜粋)
今年は精一杯花を咲かせているように見えました。
坂を登って校門の左手にあります。


すぐ上の写真説明です。
卒業30周年記念として、31回生が、平成2年1月13日吉野桜31本を寄贈。 校門から体育館の裏手に沿って運動場に向かってなされた。(将冠第32号から抜粋)

吉岡校舎には、先輩方の思いが咲き誇っているのです。

3月役員会のご案内

役員の皆さんへ
同窓会入会式を例年通り開催出来てホッとしています。
役員会も通常であれば2月に開催しています。
2年度の決算等、代表幹事会、総会についての役員会を下記の日時に行います。
広い会場を確保していますが体調を第一に考えて出席してください。
必ず、LINE確認の連絡と出欠の返信をお願いします。
以上です。

幸地愛子

     記  
日時 2021年3月17日(水曜日) 18時30分〜
場所 山澄地区公民館

同窓会入会式

同窓会入会式が、令和3年2月26日金曜日にありました。
葉商会幸地会長が登壇しました
第93回生190名が葉商会の会員になりました。

式次第(抜粋)
葉商会会長 歓迎の言葉
記念品贈呈 記念日はステンレスのマグカップです。
幹事紹介  第93回生のクラス幹事および代表幹事は20名。代表幹事は3組 瀬戸瑠衣さん。
出席役員の紹介、事務局による入会説明